親子のキャンプなら山間でのカブトクワガタ採集が良い思い出に

スポンサードサーチ






子供を連れてのキャンプは親も一緒に童心に帰る事が出来、大変良い思い出になってくれるもの。

夏場であれば海岸線のキャンプ場も良いものですが、どうしても他のグループやマリンレジャー客による騒ぎや花火等で五月蠅く感じられてしまいがち。それなら山間の清々しい空気の中緑や自然と親しむキャンプの方が良いかも知れません。

親子で楽しめるキャンプ中の活動は色々とありますが、それらの中でもスリリングなのは思い切った夜間の昆虫採集かも知れません。

雑木林に隣接するキャンプ場やキャンプエリアでは、それらの自然を活用したカブトムシやクワガタ採集が楽しめるスポットも多数あり、しっかり準備さえ整えていけば、誰でも意外と安全に楽しむ事が出来るものです。

幾らキャンプ場が近いとは言え、ほぼ天然の雑木林の中、しかも完全な夜間の採集となりますから、十分明るいヘッドランプや海中電灯、害虫や蛇の襲撃を避ける長袖長ズボンや長靴、虫除けや痒み止めといったアイテムは必ず携行しなければなりません。

後は常に足元を照らしながら道を外れない様チェックし、樹液を出す目的の木々を巡り、そこに集まるカブトムシやクワガタを捕まえてゆくというのが大まかな流れ。

またそれらの段取りを安全かつスムーズに行うには昼間からの下見が大変重要。仮に曇天あるいは午前の早い時間帯であれば、下見の段階から採集出来るチャンスも大きくなるものです。

スポンサードサーチ






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする