キャンプに子供を連れて行った場合に子供が喜ぶものは?

スポンサードサーチ






アスレチックがたくさん設置されているような「あそべるキャンプ場」ならばいいのですが、遊具がとくにないキャンプ場でキャンプをする場合、子供のためにある程度「あそぶもの」は用意していった方がいいでしょう。

移動用の車に余裕があるのでしたら、自転車やキックボード、それにスケボーなんかをつんでおきますと、キャンプ場にて大人がテントを張っている間に子供だけで勝手にあそんでいてくれます。

また、ボールひとつでもあれば、兄弟姉妹がいるのでしたらそのボールでも延々とあそんでいますね。フリスビーでもいいでしょう。軽いし荷物にならないのでお勧めですよ。

また「シャボン玉」なんかも、キャンプ場に持っていくといいアイテムだと思います。キャンプ場ならば周りは広々していますから、気兼ねなく思いっきりシャボン玉を吹き続けられますからね。

他には夜は「花火」もテンションがあがるものですね。大人からしたら、普段は「外で花火」はちょっと面倒に感じますが、キャンプという非日常のなかではそこまで腰が重くないものですからね。「花火をするのは何時まで」と、時間を決めているキャンプ場がほとんどですが、しかし制限も20時とか21時だったりしますから、子どもの就寝時間を考えたら全く支障がないでしょう。

他にはステッピーなど、外遊び用のおもちゃを持って行きますと、楽しく時間をつぶせるでしょう。おもちゃが日常であってもいいのです。キャンプならばこそ、思いっきり外遊びをしましょう。

キャンプは遠足気分でさらに楽しむ!

私の家族は北海道に住んでいるため、キャンプ場には恵まれています。

アウトドア好きな私たちにとっては春から秋にかけてのキャンプが楽しみで、2人の子供たちにとっても良い思い出となっているようです。

2人の子供は、小学校高学年と幼稚園児なのですが、ただキャンプに行くだけよりも楽しみを作ってあげたほうがより一層喜びます。

なので、キャンプ場を選ぶ際には遊具があるかどうか、近くに水遊びや昆虫採集出来そうな場所があるか、チェックしてから決めます。

大人がテントを張ったり、炊事の準備をしている間は、やはり暇になってしまいます。そんな時、近くに遊具や遊ぶところがあると暇つぶししていてくれるので大変便利です。

また、移動中の車内で食べるおやつを用意するのも一つの楽しみです。普段はスーパーでしかおやつを購入しませんが、キャンプの前には特別に駄菓子屋さんに連れて行きます。遠足に行く準備をしている気分で、子供たちは大喜びです。

夜のテントの中でも、兄弟で駄菓子を交換したり楽しそうにしています。

子供と行くキャンプは、ごねたり兄弟喧嘩したりとトラブルもありますが、あと何年一緒に行ってくれるのだろう。。?と考えると、一回一回のキャンプを特別楽しいものにしようと思わせてくれます。

スポンサードサーチ






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする