キャンプで作る私のパスタ料理

スポンサードサーチ






夏山専門で山に登っています。単独行なので山小屋に泊まるより、気楽なキャンプを楽しんでいます。食事はそのなかで最大の楽しみです。

自分一人で着替え、キャンプ用品、水と食料などを担いで登らなければならないので荷物は極力減らしますが、マズいご飯は絶対に食べたくありません。

最小の食材で作れる、私のキャンプ料理をお教えます。

プチトマトとツナのパスタ

まずはプチトマトとツナのパスタです。

プチトマトのヘタは自宅で取り除いて持っていきます。パスタは折れにくく、小さいキャンプ用の鍋でも扱いやすいペンネを使います。

作り方はいたって簡単です。オイル漬けのツナ缶を開け、その油でプチトマトを炒めます。一旦火からおろし、チューブにんにく、塩小さじ半分、ツナ、ペンネを一掴み半投入します。ペンネをトマトてツナで覆うようにし、オレガノを二振り、水を被るくらい入れ、水分がなくなってペンネが食べ頃になるまで煮ます。

煮る時間はだいたい15分ほどです。水が足りなかったら足して下さい。温度が下がるとか、繊細なことは気にしないで大丈夫です。

仕上げに黒胡椒を振れば出来上がりです。

ギョニソーとネギの海苔パスタ

次はギョニソーとネギの海苔パスタです。作り方はほとんど変わりません。

魚肉ソーセージを斜め切りにして炒めます。塩とチューブにんにく、コーヒーフレッシュを二つ、ペンネを投入して水を注ぎ、乾燥ネギを好きなだけ入れて煮込みます。仕上げに大量の海苔を散らし、混ぜながら食べます。

この二品はキャンプに行くと必ず作る私の鉄板料理です。ぜひお試しください。

キャンプでお勧め発展料理!

私がいつもキャンプで作る鉄板発展料理をご紹介致します。同じキャンプ場に連泊する時には絶対お勧めです!

キャベツを丸ごと使ったスープ

1日目、まずはキャベツ丸ごと1個もしくは半分が入るお鍋を持参しましょう。そこに豪快にキャベツを投入。

半分に切った玉ねぎ2個くらい、シャウエッセン1袋、後は人参など食べたい野菜を適当に投入。そこにヒタヒタにお水、コンソメキューブ2個を入れ、起こした炭火に掛けて放置です。時々様子を見て野菜が煮えればオッケーです。

ニンニクを半分に切ってスライスしたバゲットに塗り塗りし、オリーブ油に軽く浸して炭火でトーストしたガーリックトーストと伴に食べると美味しいです。

他に美味しい物がたくさんある中、スープはけっこう残りますが心配いりません。どんどん煮込み続けましょう。

トマト缶を使った簡単トマトスープ

二日目、お鍋の残りにカットトマト缶を1缶投入します。具材が少なければ適当に追加します。BBQ等、肉が多くなりがちなキャンプですから野菜たっぷりの煮込んだトマトスープはお腹もホッと休まります。次の日の朝食にもぴったりなのです。

余り物を美味しいカレーに変身させる

三日目、とうとうこの日を迎えました。この為に毎日コツコツ煮込んで来たのです。さぁ!炭火で好きなお肉を焼いて鍋に入れ、カレールーを投入しましょう!じっくり煮込まれて味が凝縮された野菜達がいい仕事をしています。家庭では絶対この味にはならないのです。炭火がやはりポイントなのだと思います。

1度このカレーを食べたら又食べたくなり、最初のキャベツスープから作りたくなることでしょう。

基本、材料を入れて放置の料理なのでとっても簡単です。毎日違う味を食べられる所もポイントです。是非1度トライして見てください!

スポンサードサーチ






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする