キャンプで欠かせないテントはどれを買えばいいの?

スポンサードサーチ






ただ寝るだけじゃない!テントはキャンプではとても重要

キャンプに出かけることになると、まず一番初めにどこでどう夜を過ごすかということが重要だと思います。昼間の間はどれだけ楽しんでも夜にもなると、ゆっくりと落ち着きたいというのが人間という生き物ですから、まず寝る場所をどうするか?

そもそもコテージのような建物付きのキャンプならこの辺のことは問題ではないと思いますが、無い場合にはテントを用意しなければいけません。

中には寝袋だけで寝るって人もいると思いますが、女性や子供もいればそうもいきません。そこでテントなんですが、安易に張ってしまうと夜中に風で崩れてしまうってこともありますのでしっかりと組み立てていかないといけません。

特に四本の杭は思ってる以上に打ち込んでおくことが重要です。ちなみに杭を打ち込んでからそれでも気になる場合には一本打ち込む場所に二本打ち込むという方法もさらにテントを頑丈にさせるのでおススメです。

キャンプにとって楽しむ要素はたくさんありますが、最後に身体をゆっくり休めるためにもテント張りはしっかりと計画しつつ組み立てておくといいです。後はテントの種類ですが、特にキャンプは全体的な費用を計算するとそれなりの金額にもなりますので、あまり高額なテントじゃなくても十分に楽しむことができるのでそれなりのテントを用意するといいと思います。”

家族4人でキャンプに行く場合のテントの選び方

キャンプに必須のアイテムの一つが「テント」ですが、一口にテントといっても、「何人で使用するか」「どこで使用するか」などによって選び方は変わってきますが、ここではキャンプ場で主に使われている「4人用ファミリーテント」を念頭に置いたうえで話を進めて行きます。

では、選び方のポイントですが、それは以下の三つです。

一つ目は、「値段」。テントの値段は、基本的に性能と比例しています。ですから、安さだけで決めるのは危険です。1万円以下の物の場合、雨などに対応できなかったりします。

一方、10万円超の物になると、ポールの強度も高く、軽量かつ携帯性に優れていたりしますが、キャンプ場で使う物であれば、そこまでの性能は要りません。だいたいの目安としては、2~3万円であれば、問題ないといえます。

二つ目は、「組み立てやすさ」。テントの組み立てやすさは、設営形式によって決まります。

組み立てやすい物としては、「ドーム型」もしくは「ワンポールテント」が挙げられます。

三つ目は、「機能性」。上述したように、2~3万円の物であれば最低限の機能性はあると思いますが、季節によっては高機能の物が要求されることもあります。

夏場であれば通気性の高い物を、冬場であれば密閉性の高い物という具合です。

スポンサードサーチ






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする