群馬にあるおススメのキャンプ場

スポンサードサーチ






キャンプ体験談

私がキャンプを体験したのは、1ヶ所目は群馬県の赤城山にある大沼の湖畔でした。8月の下旬に行ったのですが、割合季節に対して寒かったのが印象です。道具は、テントや寝袋、イス、ガス缶、五徳、鉄板、炭、紙皿、紙コップ、割り箸などを持っていきました。

まず、テントを設営するときは2~3人で協力してやったので、15~20分くらいで出来ました。

次に、料理は焼きそばを作る事にしましたが、着火材を持っていかなったため、炭になかなか火が付かずにまわりにイライラが募っていきました。この時は、「着火材を持っていけば良かった」と心から思いました。

また、油を持っていき忘れるという痛恨のミスもしてしまったため、一人に近くの売店まで油を買いに行ってもらい、何とか事なきを得ました。紆余曲折がありましたが、焼きそばを作る事が出来ました。

また、夜になりテントで寝ようと思いましたがテントが薄いせいか、接地している所が小石などでゴツゴツしていて不快感があり、なかなか寝ることが出来ませんでした。テントの床の上にマットなどを敷いたのですが、もっと厚いものを敷けば良かったと思いました。

かなりの失敗をしたキャンプでしたが、理由は道具をありもので用意した事と、誰も詳しい人がいなかった事でした。料理の作り方やテントの張り方などは事前に確認をしていきましたが、道具のリストなどを全く確認しなかったのがよくなかったと思います。

キャンプ自体は全体的に楽しかったので、また用意を整えて挑戦したいと思います。

子供と楽しめる・軽井沢スウィートグラス

私が行ったことのあるキャンプ場でおすすめなのが北軽井沢のスウィートグラスです。

自然の中にあるオートキャンプ場で、施設内にツリーハウスや木で作った遊具などが点在していて楽しいです。木で作られた遊び場やツリーハウスは自然の雰囲気が素敵で写真に撮るととても映えるので、お子様の撮影にもってこいの場所です。アスレチック風になっているところもあるので冒険気分が味わえます。

キャンプ場で大人は設営した後はまったり過ごしたいものです。とはいえ、子供が飽きてしまいがちになりますが、ここなら大人も子供も楽しめます。

売店も充実していて、万が一忘れ物したものがあってもだいだい揃います。あったら嬉しいマシュマロなんかも置いていました。キャンプ気分を盛り上げてくれる雑貨も置いてあって、売店を物色するのも楽しめます。

スタッフが常駐していますので、キャンプ初心者でも安心して利用できるキャンプ場だと思います。

季節のイベントなどもやっているので、普段できない自然ならではの遊びができるのでよい思い出になると思います。

また、トイレや炊事場もキレイなので安心です。人気のキャンプ場なので、予約がすぐにいっぱいになってしまうのが難点ですので、早めの予約をおすすめします。

スポンサードサーチ






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする