羅漢の里(兵庫)と轟峡キャンプ場(長崎県)の紹介

スポンサードサーチ






兵庫県にある羅漢の里に行ってみた

兵庫県の相生市にある羅漢の里に行って来ました。とても良かったので、羅漢の里おすすめポイントについて1つずつ紹介していきたいと思います。

まず羅漢の里に行って有り難かったのが、バーベキュー台です。簡易なものではありますが、お肉や野菜が焼ける頑丈なスペースがそれぞれについていました。なのでバーベキューセットを忘れた方や、他の人と近くでバーベキューしたくないという人にはおすすめです。

しかしそれ以外にも広くて、皆でバーベキューができる場所もあったので、大人数でいっても大丈夫でした。

テントを張る場所は正方形になっていて、その部分が正方形にもりあがっていて、段差が15センチくらいありました。なので、地面に直接テントを置かないので、虫がテントの中にあまり入ってこなかったのもよかったです。

キャンプ場から100メートルほどのところに沢山の遊具がありました。ですので、子供連れで、大人が肉を焼いている間、子どもが遊ぶことができるのでその点もいいなと思いました。

最後火を消すためのバケツだったり、包丁を忘れてしまったのですが貸してもらえたりと、とても親切にしてもらいました。

またテントとテントの距離が離れているので、夜に花火をすることもできます。あと川にも入れるようになっていて、夏にいくと浅瀬で遊べるので楽しかったです。

長崎県の轟峡キャンプ場

轟峡キャンプ場は長崎県諫早市にある、烏帽子岳と烽火山の中間に位置する渓流キャンプ場です。所々に湧き水が山から降りてきており、飲む事もできます。

名水百選にも選ばれ「轟渓流」といわれています。自然に囲まれた森の渓流にはヤマメやかじか、サワガニなどの水中生物も多く夏には蛍も見られます。野鳥も多く、バードウォッチグを楽しむかたもいます。

そして一番の見どころは、なんといっても楊柳の滝と轟の滝。打ち付ける滝のしぶきからでるマイナスイオンで心も癒やされそうです。

夏は上流に水をせき止めた場所があり、そこで泳いだり遊ぶ事ができます。夏休み期間中は滝をライトアップするので見応えは圧巻です。

その他にもBBQや釣り、秋だと紅葉がとても綺麗です。また、夜は星空が広がり、まるで引き込まれそうなほど綺麗です。そして流れ星がいくつも落ちていくのを観測できます。

設備は
・バンガロー・デイキャンプエリア・トイレ・お風呂・駐車場・機材レンタル
がありますので、レンタルを利用すれば手ぶらで楽しむ事もできます。※食材は用意する必要があります。釣った魚は食べてもいいです。

GWや夏休みなど行楽シーズンに泊まりでなくても、日帰りで十分楽しめるので一度訪れてみてはいかがでしょうか?

スポンサードサーチ






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする