高機能のシュラフはキャンプに欠かせない存在に

スポンサードサーチ






私がキャンプ中だけでなく、ロングドライブ中の車中泊にも愛用しているのがシュラフ。

基本的にどんな格好でもすぐに潜り込んで眠る事が出来ますし、一般的な布団と違い、身体の周囲をすっぽりと包み込んでくれる形状をしている為、布団がずれて快適さが失われてしまったり、寝冷えという最悪な展開を防いでくれたりと、メリットは多いのです。

キャンプ中は余程暑い最中でもない限り、ほぼオールシーズン活用しています。折り畳みも非常に楽で携帯に全く困らないだけでなく、伸縮力もあり、意外と身体にフィットしてくれますから、全く不快感無く快眠に至る事が出来るものです。

化繊の素材は撥水性や透過性にも優れ、特に湿気や霧といったキャンプにありがちな悪条件の中でも、確実に身体を快適に保ち、安眠へと誘ってくれます。

私が良くキャンプを張るのは、周囲に水が多く朝にも霧が立ち易い山間の河川周辺や海岸部等。趣味がキャンプを兼ねての本格的なフィッシングですからこうしたフィールを選ばざるを得ないのですが、それでも必ず快眠を得られているのは、こうした高機能のシュラフのおかげと言っても過言ではないでしょう。

いざとなったら非常時や来客時に寝る場所が足りなくなった時にも使えます。本格的にキャンプを嗜んでいなくとも、1個は必ず持っておくと安心出来るでしょう。”

キャンプ用のシュラフの分類について

キャンプ用のシュラフ(寝袋)と一口にいっても、いろいろな種類があります。

マミー型のシュラフ

まず、形状による分類ですが、一つ目は「マミー型」。これは、ミノムシのような形をしたタイプです。体に密着しやすいので保温性に優れていますが、寝返りがしにくいというのが難点です。冬や早春など、寒い時期にキャンプをするなら、このタイプがおすすめです。

封筒型のシュラフ

二つ目は、「封筒型」。これは、文字どおり封筒のような形をしたタイプです。

マミー型と異なり、体との密着度は高くないので、寝返りが打ちやすいという利点がありますが、保温性が低いというのが難点です。ですから、夏にキャンプをする場合におすすめといえます。

シュラフの素材による分類

次に、素材による分類ですが、一つ目は「化学繊維」。

いわゆる「中綿」を使った物で、「値段が安いので入手しやすい」「水分や汚れに強い」という利点がありますが、「スペースが多く必要」というのが難点です。

二つ目は、「ダウン」。これは、羽毛を使ったタイプです。布団でも羽毛布団という物がありますが、同じ素材です。

「軽い」「少ない量でも保温性がある」「スペースをあまりとらない」という利点がありますが、「値段が高い」「水分や汚れに弱い」という難点もあります。

スポンサードサーチ






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする