キャンプでのトイレに関する困ったという話

スポンサードサーチ






現代では外に行って遊ぶという機会が増えています。そして大人は子供を連れてキャンプに行くことがあります。そこでは様々な問題が浮上するのでチェックすべきです。

例えばキャンプではトイレ問題があって気にする必要があります。特に女性の場合はトレイがどういう雰囲気なのかも気になります。重要なのはキャンプ場のトイレが清潔なことです。

私は過去にキャンプ場に行って何度かトイレを使用しました。それは簡易トイレのようなもので清潔感は少なかったです。また殆どのキャンプ場に洋式トイレが設置されていないことも現実です。

つまりキャンプ場に行った際には和式トイレを使うことになります。またこういう場所は田舎の山奥にあることが多いので、必然的に設備も古くなっています。トイレが使える状態なのかは個人でチェックすべきです。

私は以前にキャンプ場のトレイで昆虫に遭遇しました。それは蛾や蚊だったのでトイレに集中できなかったのです。キャンプ場のトイレにはこういう虫が入ってくることが多いです。

キャンプでトイレを気にするなら山奥は避けるべきです。なぜならそういう場所の設備は使えない可能性があるためです。また和式トイレに慣れていない子供を連れていくことも危険です。

最近の人気キャンプ場のトイレはキレイ!

キャンプに行く際、気がかりなのが「トイレはどうするのか」ということです。「トイレがなかったらどうしよう」「汚かったらどうしよう」などと考える人は、少なくないでしょう。

しかし、最近のキャンプ場は、キレイなトイレが用意されていることが多くなっています。人気の所であれば、ほぼ確実にあるといえます。

しかし、もしなかった場合に備えて、対処法は知っておく必要があります。

一つ目は、「携帯用トイレを持って行く」。これは、災害の時にも使うことができます。ただし、使い方を覚えておく必要があるので、練習を兼ねてキャンプ場で使ってみてもよいでしょう。

二つ目は、「紙オムツを使う」。これは、アウトドアスポーツでも用いられているアイテムです。また、これを使って、簡易トイレを作ったりもできます。

三つ目は、「キャンピングカーのトイレを使う」。キャンピングカーには、簡易トイレが備え付けられています。排泄物の処理は自分でしなければなりませんが、そういう経験をすることで、災害時などに困らなくてすむでしょう。

四つ目は、「穴を掘って埋める」。20センチほど掘り、そこで用を足します。土に埋めておけば、後は微生物が分解してくれます。

ただし、これはあくまで最後の手段です。

スポンサードサーチ






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする