キャンプで作るお勧めの料理について

スポンサードサーチ






私はキャンプを数回経験していますけど、その時に作った料理が主にカレーとバーベキューになります。

この2つの料理のメリットとしては、簡単に作れる事が上げられます。キャンプになると、持っていける調理道具は限定されますし、キッチンスペースも狭く調理しにくい可能性があるので簡単に準備できて、しかもあまり調理器具を準備しなくても作れる料理がお勧めになります。

この条件を満たしているのがカレーとバーベキューであり、必要な器具はお店で販売していますし、作り方も簡単ですので、初心者の人でも作りやすい料理になります。

特にバーベキューになると、バーベキューセットを購入しておけば後は野菜とお肉を購入して焼くだけになるのでかなり簡単です。

また、バーベキューはみんなで美味しく食べられるものですので、キャンプでできる限りみんなとコミュニケーションをとりたいのであればご飯をバーベキューにするというのは得策です。

キャンプ場では普段よりも調理をするのが難しいという事を踏まえた上でどのようなご飯を準備するのかを考える必要があります。ホットドックも簡単に作る事ができるのでキャンプの朝食にはちょうど良い料理になります。なるべく手間がかからないご飯を考える事が大事です。

キャンプで作った野性味あふれる料理を紹介!

折角キャンプ場に来たのだからどうせなら野生感溢れる料理を作りたいと思い作った料理を紹介させて頂きます。

まず牛モモ肉をビールにつけて揉みます。この際、牛モモ肉は大きめの方が食感もよく満足感も高いです。

次に温めた鍋に牛脂を乗せ馴染ませたところで薄くスライスした玉ねぎを入れていきます。黄金色になるまで炒めたら水を少しだけ入れます。本当に玉ねぎが浸かるかなーぐらいで大丈夫です。

沸騰したらコンソメを3つまみ入れます。そうしたら、よくかき混ぜてビールでよく揉んだ牛モモ肉を入れていきます。ビールで揉んだ後牛モモ肉に塩胡椒を擦りこみと味がしっかりして美味しいです。

上記の内容のものにビールを入れていきます。量は牛肉が浸るぐらいがいいです。

そこから10分ほど弱火で煮込むと完成です。ビールのお陰でお肉が柔らかくトロトロになり玉ねぎと絡んで食感も玉ねぎのわずかに残るシャキシャキ感が相まって最高です。

適当な分量でも美味しく味わっていただけるぐらい簡単な料理なので「キャンプならではの野生っぽい料理が食べたい!」という場合にはオススメです。

全工程で大体20分もあれば出来ますしtheキャンプ!という雰囲気も楽しめますので皆様是非一度お試し下さい。

スポンサードサーチ






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする