キャンプで使うランタンと優れモノのチャコスタ

スポンサードサーチ






グランピアのキャンプが人気の理由

「グランピア」という手ぶらで行き、何も組み立てない手軽なキャンプが流行しているようですね。

お手軽であるここといいですが、テントを張ったり、火を起こしたりと汗をかくのが本来のキャンプの楽しみ方だと思います。

キャンプでは3種類のランタンを上手に使おう!

苦労をした挙句、夕飯の支度がやっとできて、周りが暗くなり始めたときに、キャンプを最もキャンプらしくしてくれるのがランタンです。キャンプには、機能上の3種類のランタンが必要です。

まずは、テントの中に吊るすもの、二つ目はキャンプサイトの横に吊るす全体を照らすもの、そして食事などをするテーブルの上に置くものです。テントの中に吊るすランタンは、安全性を考えてLEDでいいでしょう。

後の2つがポイントです。キャンプサイトの横に吊るすものとテーブルの上に置くものは、僕はいつもガソリンランタンを使っています。この2つがキャンプの灯りの空間を作ります。

ガソリンランタンは、ガスランタンに比べると明るさも弱く、片付けなどの管理も手間が掛かるのですが、手間が掛かるところが気に入っているわけです。

ガソリンランタンは、風によって光と影が揺らぎます。メインランタンとテーブルランタンが作る影が、ワインとビーフシチューを美味しくしてくれるわけです。その灯りの空間の中で思い出話をしているものいいですよ。キャンプらしくて。

チャコスタはキャンプでの火の悩みを解決する優れもの

僕は毎年大学時代の友人たちと年に二回キャンプに行っています。星を見ながら、職場での愚痴をこぼしたり、好きな女の子の話をしたりしていると、まるで大学の頃に戻ったような気分になり、日頃のストレスをすっかり発散させることが出来ます。

そのキャンプで僕が必ず持って行く道具があります。それはチャコスタという火起こし器です。火起こし器といってもチャッカマンのような簡単な着火道具ではありません。

チャコスタがあれば、キャンプで手間と労力を要する炭への着火を時間も手間もかけずに行うことが出来ます。

使い方はとても簡単です。金属状の入れ物であるチャコスタを広げ、その中に炭を並べます。それから、グリルの上などで着火剤に火を付け、その着火剤の上にチャコスタを置くだけです。

後はそのまま10分から15分程度待っているだけで簡単に炭に火を付けることが出来ます。炭に火が移れば、食事を作る際に火が消えてしまう心配がなくなりますし、焚き火をする際も火を絶やすことなく暖をとることが出来ます。

チャコスタを購入してからは、キャンプでの火にかける時間がほとんど必要なくなったため、より有意義にキャンプの時間を過ごせるようになりました。

今後ももちろんキャンプの必需品としてチャコスタを利用していきます。

スポンサードサーチ






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする