キャンプでの釣りの楽しみ方は人それぞれ

スポンサードサーチ






海辺や大河川の河口付近に位置するキャンプ場は、周囲の展望も素晴らしく大変気持ち良く楽しめるケースが多いのですが、それ以上に楽しめる可能性が高いのが釣りや磯遊び。

特に釣りは足場さえ良ければ誰でも手軽に楽しめる上、釣り上げた魚をそのまま晩御飯のおかずに活用出来る等、実際に得られるメリットもまた馬鹿に出来ない位大きなものなのです。

ただキャンプをメインに据えるか、釣りが趣味でキャンプと共に楽しむか、というスタンスの違いにより、装備やキャンプエリアに差が出てくるのは当然の事です。

仲間内あるいは1人で本格的に釣りを楽しむ目的であれば、キャンプを張るエリアもその釣魚を狙うにベストなフィールドをチョイスする必要があります。

ただ多くの場合、家族サービスあるいはキャンプそのものを楽しむ上で、ついでに釣りも楽しめたら… というスタンスの人が多い事でしょう。

それなら特別高価な装備にこだわる必要もありません。

最近郊外に店舗の数が増えてきた釣具専門の量販店を訪れれば、初心者向きのサビキ釣りセットや投げ釣りセットが安価で入手出来ますし、その際スタッフに伺えばキャンプと共に釣りも手軽に楽しめるベストフィールドについても細かく教えて貰える筈です。

ちなみにこうした釣具店には、普通のキャンプにも大変便利なヘッドライトやバケツ、レインギアや長靴等が揃っており、時折訪れるとセールで良い買い物が出来るケースがあります。

スポンサードサーチ






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする