オススメキャンプ場で、手軽に楽しむ。

スポンサードサーチ






私のオススメキャンプ場は玉川キャンプ村です。

おすすめポイントは、トイレが男女各8室ぐらいあること、あまりトイレットペーパーがなくなることがないこと。(これとても死活問題です)

また、ロケーションも奥には滝があったり、川沿いでもキャンプができるので泳いだり、魚釣りをしたり。石を積み上げてBBQしたり。アクティビティも楽しめることです。

また、売店もあって地元ヤマメの塩焼きなども食べられるのがポイントです。また、露天風呂も敷地内にあります。

ただ、キャンプサイトへはアップダウンがある細い坂だったりするので、車の運転には注意が必要です。

色々なキャンプ用品がある中で、私の一番お気に入りのキャンプ用品はドンキで購入した4000円くらいのカートです。

購入するまでは、手で持ち運びして、重くて物も少なくしなければならなかったのですが、カートを導入したことで、倍以上荷物が運べてとても快適になりました。

キャンプに行くと作る料理は、コンロと網を持っていき、冷蔵庫にある焼けそうな物を全て持ってきて焼く、即席BBQです。簡単だし、焼くだけなのになぜかキャンプだと美味い!

最近のヒットは、肉を焼いた後のフライパンで、とうもろこしを焼いたのが美味しかったです。肉汁の旨味がとうもろこしに染み込んでいました。

本栖湖、朝霧高原エリアのおすすめキャンプ場

本栖湖や朝霧高原エリアは、都心から中央道利用で2時間程度の好立地にありながら自然豊かで富士山を楽しむ事ができる初心者から気軽に楽しむ事ができるエリアとなっています。数あるキャンプ場のなかでも初心者にオススメのキャンプ場は、本栖湖キャンプ場とふもとっぱらキャンプ場です。

本栖湖キャンプ場

本栖湖キャンプ場はなんといってもサイト料3000円という安さが売りの場所であり、サイトは予約不要という点からも気軽に行けるキャンプ場として人気が高くなっています。イメージは雑木林の中でのキャンプで、特に夏場は木陰のキャンプが楽しめるので快適です。

また、キャンプ場は本栖湖に隣接しており、ウィンドサーフィンやカヌー愛好者などが多くなっています。ペットもOKなので、ペット連れには気軽に行けるキャンプ場としても知られています。

ふもとっぱらキャンプ場

ふもとっぱらキャンプ場については、本栖湖同様に予約は要りません。とても広大な草原と雄大な富士山の眺め、開放感のあるキャンプを楽しむ事ができます。

基本的には木陰は少ないので真夏のキャンプではタープ等で日陰対策を行う必要がありますが、ピーク時以外は回りを気にせずにのんびりとした時間を過ごす事ができるので一人キャンパーにも人気があります。

周りは牧場が多く、放牧されている牛を眺める事もできます。また、パラグライダーが飛ぶ姿を楽しむ事もできます。

どちらのキャンプ場も近くの道の駅でソーセージやベーコン、産地の野菜を調達する事ができるので当日食材を調達するのも困らないでしょう。