今や快適なキャンプに欠かせないハンモック

スポンサードサーチ






設備が整い施設内の樹木も良く手入れされているキャンプ場は、大変清々しく過ごせるものですが、単にテントの中だけでなく、そういった環境を存分に活かせる休息の取り方もまた魅力的なものです。

キャンプで快適な眠りを作るハンモック

その代表例とも言えるのがハンモック。キャンプにハンモックを持参する場合、施設内に生えている大きな木の幹2本にこれを括り付けるというのが一般的なセッティング法。またそういった理想的な木々が無ければ、付属の自立式スタンドを別途持参し、そこに取り付け楽しむという方法もあります。

自らの体重を活かし、風に吹かれながらゆらゆらと重力を感じつつハンモックに身を委ねていると、いずれその気持ち良さからすっかり脱力し、いつしか深い眠りについてしまうケースもしばしばです。

構造的に頑丈で長期に渡って利用出来るハンモックやそのスタンドは、本場とも言えるアメリカ製の輸入品を購入するのがベストでしょう。元々身長が高く大柄な欧米人規格で作られた製品ですから、たとえハンモックと言えども窮屈さを感じる事は全く無く、多少ラフに扱っても破損しない安心感があります。

また最近では国産でも、防水性に優れたポリエステル製の製品が幾つも登場しています。湿気の多い環境下でも安心して利用出来、また日本人の身長にジャストフィットしますから、逆にフィット感を重視したい人にとって心強いキャンプのお供となってくれるに違いありません。”

キャンプ用の枕の選び方

キャンプの際、ないがしろにされがちなのが「枕」です。

家での就寝時は、布団に枕というスタイルなのに、ことキャンプとなると「かさばるから」などといった理由で持って行かない人が、少なくありません。

しかし、キャンプの時は地面との距離が近いので、ただでさえ寝心地が悪いのに、枕なしだと、それに拍車をかけてしまいます。ですから、枕は必須というべきです。

とはいえ、最近のキャンプ用枕にはいろいろな種類があるので、初心者だとどれを選んでよいのか分からないかもしれません。

キャンプ用枕の種類には、以下のような物があります。

一つ目は、「インフレータブル」。これは、空気を自動で入れることができるので、手間がかからないというのが利点です。ただし、内部に大きめのスポンジが入っているので、持ち運びしにくいというのが難点です。

二つ目は、「エア注入タイプ」。これは、空気だけを入れて使うタイプなので、持ち運びしやすいというのが利点です。ただし、穴が開いたら使えないというのと空気を入れるのが大変という難点もあります。

三つ目は、「スポンジタイプ」。これは、中にスポンジだけが入っているタイプです。寝心地はよいのですが、インフレータブルと同じく、携帯性に難があります。

スポンサードサーチ






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする