キャンプを盛り上げる子供から大人まで喜ぶ料理とは

スポンサードサーチ






キャンプ場での食事は、手軽に作れて美味しいものが好まれますよね。そして子供から大人まで一緒に味わえるものが更に良いでしょう。

子供から大人まで人気のハンバーガーをキャンプで!

そんなメリットが全て入っているのがハンバーガーです。ファストフードのハンバーガーとは一味も二味も違う手作りハンバーガーはキャンプ場でも簡単に作れます。

持参するのは合挽き肉とハンバーガーのバンズ、レタスとトマト、スライスチーズ。そしてケチャップとマスタード、マヨネーズなどをトッピングとして用意しましょう。

合挽き肉は塩とこしょうを混ぜてしっかりと練りこんでいきます。日本のハンバーグとは違って、お肉の素材としての味をそのまま味わうのが、このハンバーガーの醍醐味です。ですから卵などのつなぎも一切不必要です。

しっかりこねたパティを丸く薄くしてフライパンで焼き付けてある程度焼けたら最後にスライスチーズを乗せて、とろけさせます。

出来上がったハンバーグパティをたっぷりの野菜と一緒にはさんで出来上がりです!好みに応じてケチャップやマヨネーズ、マスタードをたっぷりつけて大きな口でガブリと食べましょう。自然の中で食べる手作りハンバーガーは美味しいだけでなく、きっと楽しいキャンプの思い出の一つとして強く印象に残ること間違いなしです。”

やっぱりこれ!キャンプで楽しめるのは、バーベキュー

キャンプといえば、やっぱりバーベキューが一番ワイルドで家族や友達みんなで楽しめるキャンプメニューでしょう。最近はバーベキューのセットをレンタルしてくれるキャンプ場も多くなってきましたが、オススメはバーベキューのセットはレンタルして食材は自宅から持ち込むのが一番です。

自宅で、バーベキューに使うお肉を焼肉のたれなどにあらかじめ漬け込んでおきます。だいたい1日ぐらい漬け込めば十分に味が染み込むので大丈夫ですが時間がない場合には半日でも3、4時間でも十分美味しいです。肉の種類は牛肉や豚、鶏など好みに合わせて用意しましょう。

野菜も全て自宅で食べやすい大きさにあらかじめ切っておくと現地では焼くだけなので楽です。玉ねぎはくし切りにしてバラバラにならないように楊枝をさしておきます。

ナス、コーン、ししとうなども人気ですが、アスパラのベーコン巻きやエリンギのベーコン巻きなどもベーコンの旨味が野菜に染み込むので本当に美味しいです。子供から大人まで大人気のバーベキュー食材なのでぜひ用意してみてください。

最後のシメにはバーベキューの火を利用してアメリカンなキャンプデザートのスモアが欠かせません。大きめのマシュマロと板チョコ、マリーなどの大きめビスケットを用意して、マシュマロを串に刺して火で炙ります。

外はカリカリで中はとろーりとしたマシュマロと一口大に割った板チョコをビスケットに挟んで食べる最高のデザートです。とても甘いですが子供も大人もスモアづくりに盛り上がって楽しいひと時が過ごせます。

スポンサードサーチ






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする