初心者がまずは揃えたほうがいいキャンプ用品について

スポンサードサーチ






今では、キャンプ場でレンタル出来るものが揃ってますので、便利な時代になっています。しかし、何度もキャンプをされるのなら、自分のものとして準備しておくことが必要です。

キャンプカーがあれば、そこに寝泊まりすればいいですが、テントがあることで、本来のキャンプを楽しむことが出来ます。そのままテントを敷くと床が石などで穴が開いたりするので、専用のマットを敷くといいです。また食事を作った時に食べる所として、テーブルや椅子があると重宝します。

また、料理を作るためのフライパンや鍋も用意しておくといいです。食材は、キャンプ場で予め注文しておくと、当日、食材を用意しておいてくれるので、こういったサービスは活用することが大切です。

本来のキャンプを楽しむために、調理しやすいようにガスコンロやマッチなどは、準備しておく必要があります。キャンピングカーを使えば、電気も簡単につけることが出来るのですが、現代のものをなるべく使わず焚火をして光を確保するといいです。

テントの中は、真っ暗ですので、そこは、豆電球を使って明かりをつけることがいいです。初めてですと、何から行っていいかわからないことも多いので、なるべくでしたら、経験のある方と一緒に行った方が、いろいろコツを教えてくれるので安心です。

キャンプ初心者にオススメな道具とは

今ではキャンプ場もレンタルサービスが充実しており手ブラで行けるキャンプ場も少なくありません。とは言えせっかくキャンプに行くのであれば使いやすい自分の道具を揃えたいものですね。

キャンプ初心者が揃えたい物はまずテントです。人数分プラス一名分程度の大きさがオススメです。しかも組立が楽なワンタッチ型が良いでしょう。テントを張ることに四苦八苦している姿はできれば見せたくないものです。

次にターフです。一見不要にも思えますが家族がテントから出た時の憩いの空間が作れます。テーブルや折り畳みの椅子も必要です。椅子がないと地べたに座ることになり疲れも取れません。

寝具としてマットやシュラフ、エア枕も揃えましょう。特にテントの下は地面なので場所によってはマットや無しでは寛ぐことも寝ることもできません。是非拘って欲しい道具の1つてす。

テント内も夜には灯りが必要です。ランタンを用意しましょう。持ち運びもできる為トイレに行くときに便利ですね。懐中電灯でも充分ですがランタンはキャンプの雰囲気を引き立ててくれます。

後はキッチン関係です。バーベキューコンロや鍋やバーナーなど揃えるものは多数あるためキャンプに行く頻度に応じて買い足していきましょう。

キャプテンスタッグのアルミベンチがお気に入り

最近キャンプの時に使っているファニチャーの中で一番気に入っているのが、キャプテンスタッグのアルミベンチです。背付きタイプの二人掛けベンチで、程よく固めな座面がとても心地よく、出来れば一人で占領したいくらいに気に入っています。

このアルミベンチは折り畳んで運ぶことが出来るのですが、畳んでも実は結構大きいです。その為人によっては持ち運びしづらいと感じるかもしれませんが、座り心地はかなり良いので、持って行って損はないと思います。最近はキャンパーの間でも人気が高いらしく、キャンプ場に行くと周りでも同じベンチを使っている光景を多々見かけます。

我が家のキャンプでは、現在はロースタイルがメインになっています。以前は少し高さのあるテーブルを使っていたのですが、木目調のローテーブルを使うようになってからロースタイルの心地よさに魅せられているのです。キャプテンスタッグのアルミベンチはロースタイルにも適していて、欠かせないアイテムになっています。

このアルミベンチの魅力の一つとなっているのが、バリエーションの豊富さです。我が家ではオーソドックスなカーキ色を使っていますが、他にもえんじ色やカモフラ柄タイプ等もあります。また、専用のベンチカバーを使うと更にバリエーションが増えるので、おしゃれなキャンプをしたい人にもお勧めです。

スポンサードサーチ






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする