キャンプにおける虫除けの必要性と有効な防虫アイテム

スポンサードサーチ






キャンプ初心者が揃えておきたいキャンプ用品

これからキャンプを始めたいけれど、道具は何を準備すれば良いか分からないという人も多いでしょう。その場合、まず用意しておきたいのは座り心地の良い折りたたみの椅子です。

現在は、テントやバーベキューコンロなどがセットになったキャンプ場も多くあります。そのため、殆ど手ぶらでキャンプを楽しむことも可能です。ただ、滞在時間が長い場合、ゆっくりとくつろげる準備をしておくことがおすすめです。そのためには、座り心地の良い椅子を人数分用意しておくと良いでしょう。今は折りたたみでも快適に座れる椅子が多くあります。

テントなどを準備してキャンプを楽しむのであれば、バーベキューコンロや食器、寝袋、食材や飲み物を運ぶクーラーボックスなどが必要です。こうした基本的な持ち物の他に、もう一つ用意しておきたいのが、タープです。どこでも簡単に屋根や日陰を作ることができるタープは、バーベキューをする時や、ゆっくりとくつろぐ時に活躍をします。タープはキャンプ以外でも、フリーマーケットや自宅の庭でのバーベキューなど、様々な場面で活躍をするアイテムです。快適なアウトドアを楽しみたいのであれば、タープをひとつ持っておいて損はないでしょう。

キャンプにおける虫除けの必要性と有効な防虫アイテム

夏場のキャンプは長い休暇も取得し易く、存分に非日常の世界を楽しめるものですが、その快適さはいかにして、蚊やブヨといった虫を防ぐかに掛かっているでしょう。

どんなに防虫スプレーを入念に塗布しても、活発に動く日中から夜にかけては100パーセントそれらを防ぐ事は不可能なのですが、一方夜は日中の疲労を解消すべくなるべくぐっすり寝たいところ。この最中、周囲でブンブン蚊に飛び回られては堪りませんし、刺される事があればもはや快眠どころではありません。

蚊はテントのちょっとした隙間からいとも簡単に入り込み、夜の安眠を妨害します。蚊のテント内への侵入を防ぐには、本格的な蚊除けのネットが必須となります。

今なら北欧製を始め、優れたテント用モスキートネットが市販されており、蚊除けに大変便利。また一般の蚊取り線香を上手くホールド出来るスタンドも市販されており、アウトドアショップ等で購入しておくと大活躍してくれるに違いありません。

一方、海岸地帯でのキャンプの大敵となるのがヌカカ。

ヌカカは蚊よりも更にサイズが小さく、蚊除けのネットさえくぐり抜けてしまう程です。ですからモスキートネットが有効な対策とならないケースが多く、森林香と呼ばれる屋外用の強力な蚊取り線香を常に焚き、追い払う必要が出てきます。

それでも運悪く、1箇所刺されると数週間は続く激しい痒みに晒されてしまいますから、あえて夏場は海岸線でキャンプをしないという選択もありでしょう。

スポンサードサーチ






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする